早漏になる原因

早漏になる原因はいくつかありますが、治すための方法もまた複数存在しています。
自慰ばかりで本番に慣れていない人は、気持ちが先走って早く出てしまいがちです。

 

 

精神面に要因があることが多いですから、リラクゼーションして上手くコントロールできるようにすることが大切です。
一般的に、強い刺激は早漏を助長してしまうので、普段からあまり強い力で刺激しないのも重要なポイントです。
また、包茎で尿道などに炎症が起こっている場合は、弱い刺激でも絶頂に達してしまうことがあります。

 

 

 

そのため、本気で治そうと考えるのであれば、まずは原因を特定して必要に応じた治療を受けることが肝心です。
肉体的な不安要素が排除できた後は、いよいよ精神面に重きを置いて改善に取り組む段階に進みます。
原則として、若い男性は射精が早めに起こる傾向ですから、その点を念頭に改善を行うこととなります。

 

 

挿入時にすぐに射精してしまう

膨張に問題はないのに挿入時に出てしまう、これはかなり悩み大きくなる早漏です。
古くから知られる改善方法の1つに、1970年代に考案されたスクイーズ法があります。

 

 

スクイーズ法

スクイーズ方では、ペニスが刺激を受けるのは挿入の直前や直後と考え、耐えるのが難しいことから絶頂に達すると捉えています。
しかし、挿入した直後に直ぐにペニスを抜き、パートナーに亀頭を圧迫してもらい、快楽が過ぎ去るのを待つことで感覚が身につけられます。

 

 

これこそがまさにスクイーズ方の特徴で、繰り返しトレーニングをすることによって、射精タイミングのコントロールが体で覚えられるわけです。
射精感覚が強まったら運動を止め、興奮が落ち着いたら再開するセマンズ法、スタートストップと呼ばれる方法もあります。

 

 

ただ、こちらは有効性が疑問視されていますから、改善を試すなら断然、実績のあるスクイーズ方の方がおすすめです。

 

 

 

自分で制御が難しい早漏は、コントロールできないことに腹を立てたり、逆に情けなく感じさせてしまいます。
パートナーに対して複雑な感情を抱いたり、何故コントロールが行えないのか責められることもあり得ます。

 

 

 

ところが、パートナーの協力を得て少しずつ持続時間が長くなれば、精神的に自信がついて克服できるようになります。
物理的な刺激に弱いのであれば、麻酔成分を含むゼリーや塗り薬を使うやり方もあります。
効果に関しては個人差が存在しますが、有用な結果を得ている人もいますから、挑戦してみる価値は十分だといえるでしょう。

 

 

 

事前に一度抜いておくほうほう

一方で、事前に射精を済ませ興奮を抑えるやり方もありますが、これは根本的な解決にはならないので疑問です。
直ぐに勃起するのが難しく、射精量が減少してしまうのが問題ですから、一時的ならともかく何度も繰り返すのは止めた方が賢明です。

 

 

 

コンドームを重ねて着用する方法も、有用性の観点では疑問が残る解決法です。
試してみる余地はあるでしょうが、締めつけによって早漏が促進されてしまえば本末転倒です。

 

 

過去の性行為にトラウマがあったり、フラッシュバックしてしまうならば、いわゆる抗うつ薬の服用が改善に役立ちます。
早漏に関する最も優れた治療法と呼ばれる薬もあるほどなので、あれこれ試して改善が見られない時は、薬の力を借りるのもありです。

 

 

 

神経を落ち着かせる薬の服用と、物理的な射精コントロールのトレーニングは、併用することで相乗的な結果に期待できます。
直ぐに結果が手に入るとは限りませんが、焦らず少しずつ取り組めば、やがて改善という変化が見えてくるでしょう。

 

 

相手や医師のアドバイスをもらう

デリケートな問題なので、何かと自分を責めたり自己解決をしようと考えがちですが、1人で悩んでも上手く解決できるとは限らないです。
パートナーの協力や、医師のアドバイスがあって自信を取り戻せますから、頼れる人に相談した上で、できることを試してみるのが理想的です。

ページの先頭へ戻る